ろんぱあるうむ

lonpaaroom.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

お義母さん

昨日 亡夫の母 お義母さんが亡くなりました。
86でした。とても せっかちに書いてしまうと
旦那がなくなったとき 弟さんの申し入れで
相続放棄の手続きをしていて
(婚姻の終了も 話は出たがこれはあとあと子どもが
いろんな書類をつくるとき面倒になると 市役所で
いわれて やめましたのん…)

この相続放棄して かかわらないでといわれたのは
わたしが お義母さまと一緒に暮らして
身の回りのお世話をできないのだからというのと
できないのに 身内を名乗られるとどちらも不便と
いろいろな想いがあったようで 義母さんには
伝えぬまま 弟どのが 提案し 旦那の死後わりとすぐ
手続きをおえていたのですがまあ いろいろあります。
わたしの両親があちらの親類と対決したことも
わたしは知らなかったけれど実際あったそうです。

昔の人の考えからすれば
長男の嫁でしたからね こうなんていうのかなあ
社会的にいただけるお金だけで 働かず
子どもと義母義父を看るべきというのも
でていたんだそうです。いや 無理だけどね。

お義母さんも 息子(亡夫)なくして13年半か
途中で義父を看取り ひとりで暮らしていました。
ここ数年は施設と病院… 途中 義母の兄から
私にもうなにも頼んではいけない要求もダメと
たしなめられたと わたしの実家にお詫びの電話を
してきたそうなので 絶縁?に近いことを言われてるとは
最期は知っていたようです。若干の理解がおいつかず
カン太とメイを よびだしたことはたくさんありましたがw
これには カン太が「おれが父さんのかわりだから」
といって 訪問したりしていました。なのでまぁ

いろいろありましたが

お義母さん おつかれさま。あちらで 息子(亡夫)と
お義父さんと たのしくやってください。
至らぬ嫁で役にもたたず 息子さんを早く亡くしてしまい
申し訳ありませんでした。ここからは カン太とメイが
あなたがたの DNAは継承し それなりにやっていくでしょう。

ほんとうに
ありがとうございました。

というわけです。

by lonpaaroom-mikan | 2018-10-17 08:01 | Comments(0)

いつも笑顔でいたいから! 大好きがいっぱい♪


by lonpaaroom-mikan