いつも笑顔でいたいから! 大好きがいっぱい♪


by lonpaaroom-mikan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2月おはなし会の報告

先日の おはなし会の報告です。

2月のおはなし会は 相方さんナシでひとりでしました。
参加は 午前22人午後25人 合計47人の小さなお客様と
たのしい時間をすごすことができました。

で(笑) ででで ご挨拶のあと節分のおはなしを少ししたのですが


「きょうはなんの日かしってるおともだち?」
「せつぶん せつぶん~」
「じゃあ せつぶんのときにする特別なことってわかる?」

「えほうまきをだべる~」「えほうまき」「えほうまきー」


これ 驚いたことに 午前も午後も おなじ答えでした。
さらに やりとりはつづきます

「え? まめまきは??」
「まめまきはねー ようちえんとか 学童でするの」「きゅうしょくとかね」

ほ ほー ^^; そして さらに つづき

「あのね まめはおうちがよごれるから ママがいやなんだって それにおいしくないじゃん」


おやまあ(笑)

あと 今回は これからよむ絵本の中で2つ「鬼」のでてくる
おはなしがでてきます。きいていて これだ!と気が付いたら
覚えていて 最後におばちゃんに教えてくださいね と ふっておきました。


==============================================

はじまるよはじまるよ♪ (てあそび)

だるまさんが

かがくい ひろし / ブロンズ新社



大型絵本で「だるまさんが」を読みました。
これは たくさんの子どもさんが知っていていっしょに
ほぼ私と かわらないタイミングで朗読?暗唱してくれます。
いつからか自然にできあがった 絵にあわせての動き
毎回おなじ子ばかりが参加している訳ではないですから
絵本のもつちからでしょう。とても楽しそうに声をだしてくれます。

==============================================

もちっこやいて わらべうたの「もちっこやいて」より (日本傑作絵本シリーズ)

やぎゅう げんいちろう / 福音館書店



新刊から「もちっこやいて」です。
読む前に全員で てあそびとお歌を何回か練習して
それから ページをめくりました。
くりかえしが多いのですが ちいさなお客様はいっしょに
何度も何度も 「とっくりゃきゃーしてやいて」と 歌ってくれました♪

わたしは この絵本に出てくる「えらいもんだなー」という 言い回しがとても好きです。

==============================================

まるまるまるのほん (単行本◆)

ポプラ社



発売から3~4年でしょうか 大変なイキオヒで売れている絵本。
プレゼントに選ぶ方が 多いように感じています。

おはなし会で読むときは 最初
「ほんとはみんなのおててで 触ってもらうとよいのだけど
 きょうは おばちゃんが みんなのかわりに くりっくするから
 (おすから)みんなも 応援してね……」といってはじめるのですが
気が付くと ほとんどの子どもさんが 自分も指を出して
♪ぴっ ぴっ と 空中をいっしょに押してあそんでくれます。

普通 読み聞かせは 読み手が絵本を固定したりスタンドに
たてたりしながら 本自体が揺れないよう おはなしを聴いている
子どもさんが 酔わないように? 読むのですが この絵本は
まるが 絵本をたてることで ころがったり とんだりします。
また この まるが 派手に移動を開始すると 親御様方が
「おっ おー」とざわめくのがたまりません(笑)

=======================================

♪ もっちこやいて (てあそび)
もう1回やってみる?と きりだしてみんなで歌いました。
今回は みんな 歌ってふりつけできて うれしそうにしていました。

=======================================

かえるをのんだ ととさん(こどものとも絵本)

日野 十成 / 福音館書店



こちらは 数年前にとある親御さまから こういう残酷な絵本を読むのは
やめてほしい と お叱りを受けたことがある おはなし。
むかしばなしの再話でもあることから ちょっと表現が具体的なこと。
でも そのひとつひとつについてだけではなく ことばの「くりかえし
や 最後には めでたしめでたし になる 有り様を紹介してから「よみました。
午後の回の女の子さんが ひとり 大層怒っていらっしゃいましたが^^;

========================================

♪ てぶくろ人形をつかって 「誰かがわすれた帽子」

藤田浩子先生の 講演会か勉強会でみせていただき
ご本にも乗っているものです。先の むかしばなしが
「こわい!気持ち悪い!!ありえない!さいてー!!」となった低学年の
常連の女の子さんからも すてきな笑顔が拝見できました。

========================================

次回予告のときに 最初にお願いした
「どこに 鬼ができたか わかるおともだちおばちゃんに教えて?」
ときき さらにリクエストもあり 全員でまたも
「もちっこやいて」を うたい ごあいさつへ つながります …


♪ さよならあんころもち  で おしまいです。

次回は3/3 ひなまつりの日ですね (^ ^)v
Commented by あいらぶけろちゃん at 2013-02-08 23:09 x
楽しいお話会の様子レポありがとうございます。
そっか~、今時の子どもさんには 節分=恵方巻なんですね~。恐るべし宣伝力!!まぁ確かに大豆撒くと後が大変といえば大変ですが・・・なんか違うような???(という我が家は伝統行事は年を追うごとにことごとくムシ方向なんですが・汗)
再話だと具体的表現がある・・・たしかにそうですねぇ。でもそれもある意味深い真実を含んでいたりするのですから 排除するのはどうなんでしょうねぇ?難しいところですね。
Commented by lonpaaroom-mikan at 2013-02-09 00:10
そうなんです。実あ以前のこともあり 3年ぶりくらいで
おはなし会にだしました。私には無理なのかなと。

はらぺこあおむし で 泣き出したお子さまも以前いらっしゃったし
選書もなかなか難しいです。あおむしは子どもさんが気持ち悪いと泣く
ので これは 有名な絵本なのですか?なぜ あおむしなの?

と 保護者の方から 言われたことはあります。
by lonpaaroom-mikan | 2013-02-06 23:51 | おしごとがらみ? | Comments(2)