ろんぱあるうむ

lonpaaroom.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

買ってるシリーズ絵本 ピヨピヨシリーズ

ピヨピヨハッピーバースデー (みつばちえほんシリーズ)

工藤ノリコ・作/絵 / 佼成出版社




とにかく ゆっくりじっくりページをめくって 笑顔になってほしい。
このシリーズは 本当に そんなえほんです。

えほんも児童書も子どもさんだけのものではないですよ。
おとなになって はじめて出会うえほんも もちろん 好き嫌いはあるし
これは ちがーう と 思うものもあるのもホントで 
えほんに期待するものが違うのも個人差だから ^^;

私は 母の嗜好のゆえ 本当にたくさんの
今でもロングセラーと呼ばれるえほんに囲まれて育ちました。
すこし大きくなって 児童書から小説へと以降する頃も
「ラボ(パーテーィー)」を4つから13まで つづけていたためか 
教材で出会う絵本→児童文学 と本当に するっと以降していきました

  ※ラボ パーティー … 英語教室として母が通わせてくれましたが私にとっては
     絵本との出会いの場でもありました。
  

だからかな 逆に えほん から離れられなくて
当時は高校の制服をきて 絵本の棚の前に立つと
書店員さんから「はいどいてどいて」みたいに追われる
ことが多く 新しい絵本に出会うには 反対に 洋書の棚の
前にたつしかなかった時代もありましたから 今の子 おとな は
うらやましいなあ と 思います。書店員になる前 もっというと
子どもうむ前もずっと絵本 好きでさがしてましたからね。


絵本には 絵本にしかない 世界があります
児童書にも児童書だけの
そこを大きくなったから もう終わりとか
絵があっちゃいけない とか るびが邪魔とか否定しないでほしいなと
思うことが たくさんあります。で 今まで苦手とおもっていたり
これは 「絵本」ではない と決めてしまうことは とっても
もったいないと 思います。


どうぞ


ピヨピヨシリーズで ほっとしてみませんか?



↓★今一番新しい絵本は 子どもMOEに載ってたアレなんですね!楽しいお話ですよ★

ノラネコぐんだん パンこうじょう (こどもMOEのえほん)

工藤 ノリコ / 白泉社


Commented by wkikyoko at 2012-11-21 06:05
このシリーズ、知りませんでした。
ちょっと気になる、要チェックね♪
Commented by lonpaaroom-mikan at 2012-11-21 06:38
好き嫌いはあると思いますが 私はこう
ほっとする絵本になります。是非 (^ ^)/
by lonpaaroom-mikan | 2012-11-19 10:03 | ほん | Comments(2)

いつも笑顔でいたいから! 大好きがいっぱい♪


by lonpaaroom-mikan