ろんぱあるうむ

lonpaaroom.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

おはなし会のこと

4月のおはなし会をどうするか 聞けないでいました。

わたし 個人の考えだけなら子どもたちには 普通を届けたい。
とくに わたしのとこのおはなし会に集まってくれるのは
小さなお子さんがとても多く きっと 地震のこともここが
その場所でないこともあって テレビをみても
おはなしをきいてもきっと 想像することもできないでしょう。

わたしにできるのは できるだけいつもと同じであること。

だから条件さえあえば そのまま実行させてほしいと
こっそりと 思っていました。ほんとうに こっそりと。

店側が出した結論は 停電さえなかったら
子どもさんたちには 普通にいつものおはなし会を
届けてほしいとの言葉。よかった。珍しく組織と
気持ちが重なった瞬間です。

地震のことに触れるつもりは 今のとこありません。
考え方はたくさんあるでしょう。ただ 幼稚園にも
まだ入っていないお子さんたちが常連さんでいるおはなし会
幼稚園や学校で使う単語のあるような絵本はできるだけ
日ごろからとりあげないで やってきました。
だから そういう意味でも
いつもとかわらずそして できるだけ楽しくて
できるだけ元気が出て みんなで大きな声が出せるような
そんな プログラムにしようとおもいます。
今日まで どうするか決まっていなかったので
あまり かわったことはできないけれど

そう

被災地ではないから 本当はそんなに怖い思いをしてない
んじゃないか?という考え方もあるのでしょうが
それだけ小さな子どもさんたちだからこそ きっときっと
わたしたち大人には考えもつかないような思いを抱えている
お子さんもいらっしゃるかもしれないけれど

わたしにできること

楽しい時間を こころがホッとするような
絵本やおはなしを あたたかな思いを届けること。


準備ちゃんとします。
Commented by あいらぶけろちゃん at 2011-03-30 23:51 x
いつもと変わらず できるだけ楽しくてできるだけ元気のでるお話会 ぜひ楽しみにしている小さなお友だちに届けてあげてください!!

みかんさんのそのあたたかな思いは必ず こどもさんや親御さんに通じると思います。
Commented by lonpaaroom-mikan at 2011-03-31 11:43
ここに書いてはいませんが 店頭で

「子どもが地震以来云々・・」という
お問い合わせはいただいています。ここは
被災地から遠く離れており 私はホントは
ここでそこまで考える必要かせあるのかも
実は疑問でした。けれど ちいさな子どもさんたちは
あの日からここまでの大人のザワザワ感に
心乱されているお子さんもいるというのは事実。

できることを してきます。

決して大きなことは できないんですけど。
by lonpaaroom-mikan | 2011-03-27 21:05 | おしごとがらみ? | Comments(2)

いつも笑顔でいたいから! 大好きがいっぱい♪


by lonpaaroom-mikan